kinesiology(キネシオロジー)って、聞きなれないし言いにくい、難しそう、そもそもよく分からないし、怪しい。

初めて目にする耳にする方には、なんだかよく分からない方も多いと思います。

キネシオロジーは、オーストラリアやニュージーランドなどでは国家資格として認められており、医療保険も適応される国がある治療法です。今ではさまざまな種類が生まれており世界で200種類以上あります。これらのおおもとになったキネシオロジーは (アメリカでは医師免許が必要となる)カイロプラクティックを元に東洋医学の知識を融合して 、人の健康を゛筋肉のバランスをはかること”によって整えようとしたことに始まっています。

サイファ・キネシオロジーで行われるキネシオロジーは、医療の知識がない人でも簡単に使えるようにまとめ直された安全な健康法です。

わたしが思うキネシオロジーのよいところは、自分でも気づいていなかったストレスをカラダの反応(筋肉の反応)として自覚できるところにあります。そのカラダの反応は本人だけでなく周りにいる人にも見てもらえるので、何にストレスを感じているのか周りの人に客観的に理解してもらいやすい方法だとも思います。

何か症状が起こった時に、西洋医学のように症状が起こった部位だけを見るのではなく、感情ストレスやものの見方、人間関係、生活習慣など、その人が抱えるものすべてから原因を見つけ出していくのも特徴です。